京都で前撮り

基本、弱い雨の場合は撮影します

ロケーション撮影となれば天候はかなり大きな影響を与えることになりますが、雨が降った時の対応に関してはスタジオにより大きな差があるので契約時にしっかり内容を確認しておかなくてはなりません。

京都前撮りの予約をするのは、数ヶ月前ということも珍しくはなく、天候に関してはどうすることもできない点となってきます。

だからこそスタジオの対応を確かめておくべきであり、京都美翔苑では基本的に弱い雨なら撮影を実施するスタイルです。

天候のこと

多少の雨の場合には、それほど撮影に支障が出ないとみなされるので晴れている時と同じように撮影が進んでいくことになります。

勿論途中で雨が強くなってきた時には、一旦送迎の自動車や屋内に避難して止むのを待つこともあるので、その分時間はかかることも頭においておきましょう。

撮影開始時に小雨の場合には、晴れている時と同様の撮影が可能な場合が多いことは確かです。

どの程度の範囲内までなら通常通りの対応となるのかは、あらかじめ打ち合わせの時に確かめておくと安心できます。

人それぞれ小雨だと感じる程度には違いがあるので、自分の感覚だけで判断してしまうべきではありません。

打ち合わせと確認をしっかり行うことで、予期せぬトラブルを回避できます。

土砂降りや警報が出ていない場合は大丈夫

警報が出ているとなれば撮影に支障が出るだけではなく、危険も伴うことになるので当然撮影を実施することは出来ません。

その日しか前撮りする時間がないとしても、対応してもらうことは出来ないので気をつけましょう。

万が一の自体も考えて、期間に余裕を持って前撮りの予約を入れておくことが大切になってきます。

警報が出ていなくても土砂降りとなれば、前撮りが大変になるのは勿論のこと仕上がりにも影響を及ぼしてしまうことになるので延期となるケースが大半です。

京都美翔苑でも、あまりに悪天候となれば対応は不可となりますが、土砂降りや警報が出ていない場合は基本的には撮影可能となっています。

前撮り撮影

勿論天候が悪いことにより撮影に対して良くない影響が出る場所となれば、不可能となってしまうので気をつけなくてはなりません。

前撮りする二人や京都美翔苑が問題ないと判断しても、ロケーション先の施設が雨の時には対応が難しいとなっている場合には、天候が良いタイミングまで延期となることも頭においておく必要があります。

前撮りの数日前に、天候が悪いことが判明した場合には、スタジオに問い合わせてどうなるかを確認しておくと、当日に慌てずに済むのではないでしょうか。

和傘をさしての撮影も素敵

雨が降っている日ならではのアイテムであり、和装をより美しいものにしてくれるのが和傘ではないでしょうか。

晴れていると和傘はあまりしっくりこないことも多いですが、雨の日となれば和傘はぴったりであり演出としても素敵なものになります。

天候が悪いからこそ、持っていても自然なアイテムであり和傘を自然に使いこなしたいという理由から、あえて天候が悪い日を選んで前撮りを実施する人もいるくらい、人気のアイテムとなっています。

勿論本来の使い方である雨よけとしても役立つので、和傘は持っておくべきアイテムです。

基本的にはスタジオで貸し出しがありますが、気に入っている和傘を使いたい時には、あらかじめスタジオに確認した上で持っていくようにすることで、よりスムーズに撮影を進めることが出来ます。

相合傘をして写真を撮ることは滅多にあることではないからこそ、よりラブラブな雰囲気を演出することができ、前撮り写真としてかなり良い仕上がりになるのではないでしょうか。

雨の日に前撮りをする人はそう多くないからこそ、特別感にあふれる写真に仕上がり二人だけのより濃い思い出にもなります。

和傘は天候が悪い日を良いものにするために、役立つアイテムです。

思い出

ロケ撮影の衣装を限定する場合も

前撮りを行う時には当然衣装も予め決めておくことになり、打ち合わせや相談の時にかなり真剣に選んだ衣装となるのではないでしょうか。

しかし天候が悪いとなれば、ロケーション撮影の衣装を限定されてしまうこともあり、希望していた衣装は着ることができないケースもあります。

裾が長く地面に擦ってしまうような衣装となれば、雨の場合には汚れてしまう原因となるので、選ぶことが出来ないケースが大半です。

どうしても着用したい場合には、ロケーション場所を変えて地面が汚れていない場所なら可能という場合もありますが、自動車への乗り降りなどの際にどうしても汚れるリスクが高まるので、利用できないケースがほとんどということは理解しておかなくてはなりません。

京都美翔苑でもロケーション撮影の衣装を限定することがあり、その場合にはスタジオ撮影で希望の衣装をサービスしてもらうことが可能となっているので、着用したい衣装をあきらめる必要がありません。

どうしても外で着用したい衣装という時には日にちの変更も考えなくてはなりませんが、スタジオ内でサービスとして着用し撮ってもらうことが出来るのであれば、お得になると考えて良いのではないでしょうか。

衣装

延期でなくキャンセルの場合は、キャンセル料がかかります

天候が悪く前撮りを延期するという判断になった場合に気になるのは、追加料金が発生しないのかという点ではないでしょうか。

雨天による日程の延期に関しては、きちんと対応してもらえるので問題はありません。

しかし撮影可能という判断にも関わらず自らの意思のみで日にちを変更となれば、対応してもらえないこともあるのであらかじめ確かめておく必要があります。

延期ではなくキャンセルという場合には、キャンセル料が発生するので気をつけましょう。

電話やメールでの申込み受付で日程が決定すると、契約書が発行され、発行された日が契約日となっています。

キャンセルの手数料としては、当日から三日前までは全額となり、四日前から二週間前までは半額、十五日前から二十九日前までは一割となっていて、三十日前までのキャンセルの場合にはキャンセル料は不要となっています。

しかし返金の際に必要になる銀行振込手数料は負担しなければならないので、その点も理解しておきましょう。

キャンセルはスタジオにも迷惑をかけることになるので避けるべきですが、何らかの理由でキャンセルする時には早い段階で連絡しておくようにし、天候による問題の場合にはまず相談しましょう。

(C) maedori

produce by 結婚式の前撮りするならやはり和装で京都で