京都で前撮り

京都といえば、有名な神社仏閣がたくさんあり、京都で和装の結婚式を希望する人は多い事でしょう。

結婚式の日というのは、新郎新婦は非常に慌ただしく、とにかく時間がありません。

特に和装の場合は、ヘアセットからメイク、着付けまでとても時間がかかりますし、普段着なれない着物はぶっつけ本番で着るのは誰でも不安もあることでしょう。

メイクアップ

ですから出来ることなら、写真は前撮りを
しておくのがオススメです。

前撮り京都をしておけば、挙式の当日には
余裕をもって行動をすることが出来ますし、
着付けの予行演習にもなります。

写真を撮る時に、本番さながらのヘアメイクをしてもらえますから、「口紅の色を変更をしたい」や「髪型はもう少し変えたい」などと、気になる部分を事前に変更も出来ますよね。

このように当日、バタバタしないためという
大きな目的の他にも、事前に着物を着ておけば安心出来る部分も多いですから、是非前もって写真を撮っておくと良いでしょう。

着付け

最近ではこうした前撮りを利用する人が増えています。やはり当日のスケジュールに余裕が出来ること。それが人気の理由のようです。

せっかくの結婚式ですからバタバタで何が何だか…というのは避けたいですよね。
そのためにも一度ご検討されてみては?

なぜ花嫁衣装の色は白になったのか|日本の花嫁衣裳の歴史

日本では古来より太陽の色として白は神聖な色として貴ばれてきました。

この神聖な白が婚礼衣裳の色として貴ばれるようになったのは平安朝以来とされており、神聖で清浄無垢な花嫁が嫁ぎ先の家風に染まるようにという意味合いも込められています。

室町時代になると礼道が確立されはじめ、それによって婚礼衣装も定められました。

当時の婚礼衣装は白の表着に白い打掛を着用したものに白の小袖を頭から被るものと言われています。

この小袖は、当時の婦人が外出の際には小袖を被ったことに由来しています。

婚礼の際に被る白い小袖は江戸時代になると真綿で作られた「綿帽子」や練り絹で仕立てた「練帽子」となりました。

このように室町時代に確立された白無垢はそのまま受け継がれてきましたが、江戸時代になると婚礼を終えた後に嫁ぎ先から贈られた色物の着物に着替えるという「お色直し」が出てくるなど、日本古来からめでたい色とされる「赤」を少しずつ取り入れた婚礼衣装も登場してきます。

角隠しは明治時代になってから民間で広がったものですが、着物はめでたい松竹梅などをあしらった黒縮緬紋付裾文様の振袖などが一般的になりました。

戦中戦後などはきらびやかな婚礼衣装を着た婚礼などは行えないことが多かったのですが、戦後から徐々に洋式であるドレスなども登場し、歴史と共に多様化していきました。

(C) maedori

produce by 結婚式の前撮りするならやはり和装で京都で